スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

油井の池@隠岐の島

cantik3_20140921235921ed8.jpg

cantik2_201409212359198ef.jpg

美しい海、水平線というものを感じます。
普段海は滅多に見ることはないから、海を見ただけでテンションが上がります。
かなりのいい年なのに、「あ、海だ〜!」と、叫びたい位、笑。

cantik5_20140921235923d85.jpg

ずっと眺めていたい位美しい海。

cantik4_201409212359223f1.jpg

太陽もだいぶ下に来ている、この分なら夕焼けは見れそうだなと確信。
キラキラ光る水面が好きです。

cantik7_20140922001047c6e.jpg

このなんの変哲もない山?何?
ここが油井の池なのだそうです。
なんとこの下は底なし沼、落ちたら最後というやつね。
この池は海にまで繋がっているとか。
貴重な動植物の生息地のようでジオパークの選定委員の方達がかなり興味を示して、
島人ビックリ!みたいな事もあったとか。

cantik6_2014092200104515f.jpg

油井の池は写真に撮ったらハートの形になりました!
島根だけにちょっと縁起がいい、笑。
それにしても底なし沼、この間横溝正史の悪魔の手毬歌を見たばかりなので、
ブログ記事を書きながらなぜかあの映画を思い出しています、笑。
ガイドさんの話では昔は村単位に色々な風習があって、
隣村にお嫁さんに来た人はもう絶対にその村から出れない、実家に帰れないという風習があったのだそうです。
う〜横溝正史の世界、こういう島や村、集落というのは色々な風習が根付いているのだろうし、
今はないとはいえ外から入るのは大変だろうなと、思いながらお話を聞いていました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- onorinbeck - 2014年09月23日 10:53:11

おはようございます。
 油井の池って、底なし沼なんですかー!
言い伝えも、横溝正史の世界ですねー。

- cantik - 2014年09月26日 08:36:27

onorinbeckさま、おはようございます。
底なし沼らしいんですよ、
山の中にある底なし沼、そして海に続く、となれば推理小説でも書けそうですよね!

トラックバック

URL :

プロフィール

一眼レフ初心者です。 持っているのはソニーのNEX3。 追加でCANONのKISS X4から70Dをメインに利用しています。 manis sekaliはインドネシア語でとても可愛い。 cantik sekakiはとても綺麗。 な写真が撮れるといいなと思い始めたブログです。 (manisもcantikも写真に向けては利用しないかもしれないけれど、言葉の響きが気に入っているのでこの名前にしています!bagus(GOOD)な写真が本当は撮ってみたい、けど適当~な写真成長日記ブログです。成長するのか否か・・・(笑)

cantik

Author:cantik
一眼レフカメラ初心者です。
いつまで経っても初心者の域を脱出できないのを脱出したいブログ

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。