スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠岐の島のローソク島への旅 その1

cantik1_20140923200325ce3.jpg

さてと、メインイベントのローソク島です。
ここに行ってみたかったのです。
が・・・
問題は船。だいたい45分くらいの旅なのですが、海だしな~・・・と心配しながらの乗船。

天気予報は曇りで夕焼けは期待していなかったのですが、見れそうになってきたのでまずは一安心。

cantik2_2014092320032716d.jpg

うん、海!でしょ。

cantik3_20140923200328a42.jpg

ばしゃーんと来ます。
私は三半規管が弱いので、窓を開けていたかったけれど周りに悪いので
少しだけで我慢。

cantik4_20140923200329cc2.jpg

ローソク島が見えてきました。
なるほど、角度によって夕陽と島が一体化するわけね、納得。
私たちの船は窓がついていたけれど、写真で見えるのは漁船風。
あっちの方が写真は撮りやすかったような気がします。
こちらは右左の席をローソク島近辺では交換しないといけないので、少々面倒くさかったです。

cantik5_2014092320033044c.jpg

よしよし、陽もだいぶ沈んできました。
どきどき、あ・・・けど私三半規管が結構しんどい。
一緒にいた家族は既に酔っている。
大丈夫か?!
私も写真撮影までもって~と願いながらシャッターを切っていました。
あはは、弱すぎ、私。

cantik6_201409232003437e6.jpg

そしてローソク島の周りでは船が順番待ちをします。
船頭さんが順番を守って、ちょうどいい感じの角度で船を止めて夕陽を見るのです。
実はその順番待ちが実はしんどかった。
なんせ、止めてまっているので、ふらふらしているしー・・・
けど写真を撮りたいアドレナリンがなんとか私を助けていました(笑)

そして私たちの順番が、次となり・・・

と、その2へと続きます(笑)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- onorinbeck - 2014年09月23日 22:17:00

こんばんはー、
3枚目の写真、ド迫力もんですねー!(^^)!
どうやって撮ったんですか?

- AzTak - 2014年09月24日 08:05:42

本当に和蝋燭のような岩ですねえ。自然の造形美、見過ごすわけには生きませんねえ。すごいものです。

- cantik - 2014年09月26日 08:39:30

onorinbeckさま、おはようございます。
三枚目は…ふふふ偶然です、笑。
なのでピントも…なのですが、この後はレンズを拭きましたよ、あはは。

- cantik - 2014年09月26日 08:41:55

AzTakさま、おはようございます。
自然は本当にすごいものです。
この島もまたその自然によって、削られてなくなってしまう可能性もあるとか言っていました。

トラックバック

URL :

プロフィール

一眼レフ初心者です。 持っているのはソニーのNEX3。 追加でCANONのKISS X4から70Dをメインに利用しています。 manis sekaliはインドネシア語でとても可愛い。 cantik sekakiはとても綺麗。 な写真が撮れるといいなと思い始めたブログです。 (manisもcantikも写真に向けては利用しないかもしれないけれど、言葉の響きが気に入っているのでこの名前にしています!bagus(GOOD)な写真が本当は撮ってみたい、けど適当~な写真成長日記ブログです。成長するのか否か・・・(笑)

cantik

Author:cantik
一眼レフカメラ初心者です。
いつまで経っても初心者の域を脱出できないのを脱出したいブログ

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。