スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローソク島への旅@隠岐の島

cantik1_20140924081048d2f.jpg

隠岐の島のローソク島、ようやく私達の順番が来ました。
真っ赤な夕焼けではない、けれど太陽は見えています。

cantik2_20140924081050865.jpg

船頭さんが船を旋回させていき、太陽と島を一体化させます。
なるほど、これがローソク島の遊覧船なのね。
船頭さんの技術の賜物の観光でした。

cantik3_20140924081051bf0.jpg

もうちょっと。

cantik4_20140924081052b5a.jpg

キタ〜〜〜!!!
カメラはただシャッターを押すのみ、設定があっていたのかとか何も見直す時間はない!

理想は真っ赤な夕焼け、丸い太陽だったけれど私はこの光景だけで満足です。

cantik5_20140924081054b65.jpg

あ〜離れていく。もう少し時間をおくれ。

cantik6_201409240812517a0.jpg

船の右側が見えるので、船頭さんのアナウンスで右側と左側が交代します。
交代した後に撮った写真。
この時の方が赤かったかな。

cantik7_20140925073320795.jpg

この岩の向こうにローソク島が!
けどこの時私はずっとカメラの向こうを見ていたら船酔いし、あ〜気持ち悪い…
船、早く丘にあがって〜、そこまではもつから。
上がれば大丈夫状態、けど一緒の家族は大変、ローソク島もチラ見だったとか。
海の船、恐るべし。
私の船酔いは大丈夫だったけれど、それもカメラのアドレナリンのおかげ。
カメラ、恐るべし。

cantik8_20140924081253a9b.jpg

ローソク島が去って行く〜。

帰りのタクシーの運転手さんに聞いたら、天気が悪い日続きだったので、
ローソク島の観光遊覧船もあまり運行していなかったそうです。
月に何回かしか出なかったらしいので、観れてラッキーらしい。
私はちょっとムカムカした船酔いで、家族は限度オーバーだったので大変だったけれど、
このローソク島の観光はかなり心に残った観光でした。
このローソク島は秋がいいとか聞きました。
今くらいがいいのかな?

今度は真っ赤な夕焼けの中、撮ってみたいな〜。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

一眼レフ初心者です。 持っているのはソニーのNEX3。 追加でCANONのKISS X4から70Dをメインに利用しています。 manis sekaliはインドネシア語でとても可愛い。 cantik sekakiはとても綺麗。 な写真が撮れるといいなと思い始めたブログです。 (manisもcantikも写真に向けては利用しないかもしれないけれど、言葉の響きが気に入っているのでこの名前にしています!bagus(GOOD)な写真が本当は撮ってみたい、けど適当~な写真成長日記ブログです。成長するのか否か・・・(笑)

cantik

Author:cantik
一眼レフカメラ初心者です。
いつまで経っても初心者の域を脱出できないのを脱出したいブログ

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。